タイトルバナー(小)

NPO法人の運営支援

地縁団体の交流会に出席すると、「NPO法人の運営がこんなに面倒だとは思わなかった」という声を役員の方から聞くことがあります。私もNPO法人の事務局業務をしているのですが、意思決定や報告書作成など、株式会社や一般社団法人より手間のかかる部分があります。

NPO法人に関連するサービスをご紹介します。


毎年、NPO法人は事業報告書を提出する義務があります。提出先は都道府県知事または政令指定都市の長です。

何らかのきっかけで報告書提出が滞る場合があります。例えば、NPO法人で事務処理を担当している理事が交代し、引継ぎが行われないようなケースです。このような場合、決算処理や役員に関する登記も行われていないことが多いです。

そのような時は当社にご連絡ください。必要に応じて税理士や司法書士の支援を受けながら書類作成を行います。

会員名簿を保有するNPO法人のような団体では、表計算ソフト等を使用して住所録を作成しています。

もう少し複雑な会員管理をしたい場合はデータベースの利用がお勧めです。データベースを使うと、電話中に会費支払状況を検索したり、NPO会員ごとに異なる注意事項をパソコン画面に表示したりできます。

当社ではFilemakerというデータベースソフトを利用して、NPO法人用の会員データベースを作成しています。NPO会員が50名を超えたら検討してみてください。

学会や業界団体のような、設立当初から一定規模の会員を見込めるならば、NPO事務局を業務委託することをご検討してみてはいかがでしょうか。

NPO事務局の運営を当社に依頼するメリットは、スピードです。本来、設立時理事が行うべき管理業務や事務スタッフの育成を省略することができます。

どのような事務局になるかは、人員や予算によって異なりますので、まずはご相談ください。


お申し込み・お問い合わせはこちらから